ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「カバ」

momokiti20120527.jpg
 明日の2012年5月28日で当園のカバの『百吉(ももきち)』は1歳の誕生日を迎えます。
 昨年はカバが日本に初めて来た年からちょうど100年目の節目の年に当たるため、名前に百を入れて『百吉』と命名しました。
 あれから早1年。『百吉』も大きく成長しました。しかし、カバのオスの子供が生まれた場合、母親と同居しておく期間としては2歳が限度であると私は考えています。それは母子での近親交配を避けるためで、他の動物園に婿入りする時期としてはあまり大きくなる前の1歳半くらいがベストではないかとも思っています。それで言うと『百吉』が当園に入られる期間は残り1年以内となってしまいます。寂しいことですが、『百吉』の将来を考えると配偶者候補がいない当園での飼育よりも他園で配偶者を得て、子孫を残すほうが幸せであり、彼の役割だと考えるようにしています。現在、『百吉』を飼育してくれる動物園を捜しています。近々この日記で発表できればと思っています。

 今年の5月4日に東武動物公園でカバが生まれたと連絡をいただきました。今年2月に当園で死亡した『ムー』の兄弟になります。もし、男の子だったら、『モモ』との結婚相手として婿取りに走ろうとしましたが、生まれた子は女の子と判り、私的にはちょっぴり残念です。『モモ』の再婚相手が『ムー』の弟だったら相性はいいかなと勝手に思っていたのですが、なかなかうまくいかないですね。当園は『百吉』を出さなければいけないが、当園に来るオスのカバがいないのです。
 今、国内の動物園のカバが少なくなっています。日本の動物園のカバの世界でも少子高齢化社会になっています。18歳の『モモ』と年齢が近く、夫婦になれるオスのカバがいません。このため、『モモ』の国内での再婚相手捜しは暗礁に乗り上げている状態で今更ながら『ムー』の存在が大きかったことを実感しているところです。

 さて、先程少し紹介した東武動物公園の子カバは5月19日に公開したようです。カバの赤ちゃんはどの動物よりもかわいいと私は勝手に思っていますが、女の子は更にかわいいので、すでに人気者になっていることでしょう。特に『ムー』の妹ですから私にも愛着はあります。会いにいきたいなと思っています。

 長崎バイオパークで生まれたカバは30年間の飼育期間で7頭(オス5頭メス2頭)になります。私はこのすべての子供たちの成長を見てきました。『ドン』と『ノンノン』との子供が『モモ』を含めて3頭で、『ムー』と『モモ』の子供が『百吉』を含めて4頭です。みんなそれぞれの性格があり、かわいい子たちですが、やはりバイオパークから出園する時が寂しく、悲しい思いになります。またその思いになる日が近づいているようですが、私としては『百吉』の良い婿入り先を捜すことが役割だと考えています。

 私が定年退職した後の楽しみとして以前から考えているのが、妻と二人で行く、バイオのカバたちの子孫に会う旅です。だから、『百吉』の行く動物園の近くに有名な温泉があるところがいいな。それに珍しい昆虫が採集できるところが最高です。

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。