ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナゾ怪盗ピタンカからの練習問題

バイオパークへお越しの皆様。
ナゾ怪盗ピタンカです。
「ナゾ怪盗ピタンカからの挑戦状」なかなか苦戦しているようですね。
手始めに軽く練習問題をやってみましょう。
よろしいでしょうか?
それでは練習問題スタートです。
pytancarenshuumondai400.jpg
とけましたか?
挑戦状にはナゾナゾや暗号など、ちょっとしたヒラメキが必要なナゾトキが8問。アナタにはとけますか?
きゅるきゅる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「21年目に入ったアサギマダラのマーキング調査」

asagi.JPG

 毎年ゴールデンウィークが終わると近くの山に向かいアサギマダラのマーキング調査を始めます。アサギマダラのマーキング調査とは野外で捕獲したアサギマダラの成虫の翅に自分で決めた標識を油性ペンで書き、それを放蝶して次ぎにどこかで再捕獲されるのを待つという方法で行います。私はこの調査に参加して、今年で21年目に突入しました。昨年は私の20年目の調査でしたが、、私のマーク個体も全国のマーク個体も大きな移動の成果が出ませんでした。近年、日本から台湾に移動する個体の報告が多く、昨年も当たり前のようにその移動があるものと思われていたのですが・・・・・。生き物の不思議は尽きないもので、それがまた調査欲をかき立てることもあるようです。

asagi100.JPG

 これは5月25日に今年100頭目のマーキングを行なった個体の写真です。今年100頭目に捕獲した個体は新鮮な翅だったので、遠く南西諸島から長崎に来たものではなく、長崎県内外の近隣で羽化したものと推測しています。今の時期に捕獲した場合はこのような美しい新鮮な個体がほとんどです。しかし、一部の個体は翅の色が褪せて破損の多い個体も混ざり、誰かのマーキングが無いかと期待してしまいます。
 初夏のこの時期に長崎県内でアサギマダラに出会える一番の花はノアザミです。他にエゴやウツギ類、イボタ、ネズミモチなどの花になります。

 アサギマダラは渡りをするチョウとして近年有名になってきました。毎年のようにテレビや新聞などにその移動習性などが報道されています。春に台湾や南西諸島から日本本土に移動して、秋に日本本土から南西諸島や台湾に移動することが知られていますが、それはこのマーキング調査から解明されています。北は北海道から南は台湾までの各地にアサギマダラの愛好家がいて、それぞれマーキングを行なっています。そして標識の付いたアサギマダラを再捕獲して報告するのです。
 
asagi-si.JPG
 
 しかし、アサギマダラにとって遠方への渡りは大変危険を伴うものと思います。先日も林道を歩いていると落ち葉の間にアサギマダラの死骸を見つけました。胴体が無かったので恐らく鳥に捕食されてしまったのでしょう。アサギマダラの幼虫はアルカロイド系の有毒物質を含むガガイモ科の植物を食べているため、捕食者が少ないと言われていますが、敵はいるようです。

 秋の移動記録と比べると春の移動記録はかなり少ないのですが、今年の新しい移動記録が出たらまたここで報告させて頂きます。皆さんもアサギマダラを見たらマークが付いているか確認してください。マークを読み取れた場合は是非ご連絡ください!あなたがこの小さなチョウの大移動の確認者となるかもしれません。 

 私と妻で行なうマーキング調査の今年の目標数は3年連続の5000頭です。

私の標識である『NBP』マーク個体の移動がたくさんあればいいなと願っています。『NBP』とはもちろん(N)長崎(B)バイオ(P)パークの略です。
今年も11月まで調査に走り回ります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「今朝ラマが生まれました!」

RAMA-ko.JPG

 本日(2017年5月26日)の朝にメスの子供が1頭生まれているのを飼育担当者が発見しました。ラマの誕生は2015年9月16日以来となります。
親子は共に元気で、今日保育園の親子遠足で来園していた保護者の方々に説明したところ、ほとんどの方が親の落ち着きぶりと子のしっかりとした足取りを見て、「今朝生まれたとは思えない!」と言う感想でした。恐らく動物たちの生命力の強さも感じられたことでしょう。
 子供を近距離で撮っていると、下の写真のように、心配した母親のテラが私と子供の間に入ってきて子供を隠そうとします。

RAMA-hahako2.JPG

 でも暫く一緒にいると心を許してくれたのか授乳を始めました。母親のテラは3頭目の子供ですので、子育てはベテラン慣れたものです。

RAMA-hahako1.JPG

 なお、この子の名前ですが、お兄さんがペーターでお姉さんがハイジです。ペーター、ハイジと来て、今回の子供が女の子となれば間違いなく、クララでしょう!?たぶん・・・・・・
(意表を突いてロッテンマイヤーとかは無いか!)

 5月16日にはアメリカビーバーの双子も誕生しています!

bi-ba2.JPG

 この双子の両親はディランとヨツバで、3回連続の双子出産となりました。このため、ビーバー一家は8頭の大家族となりました。名前はキキとララです。かわいい子供たちを是非見に来てください!

 最近の私のブログは「昆虫のことばっかりだ!」と知人からクレームを受けたのでようやく動物の記事が書けました。でもファーブル伊藤ですから昆虫記を書くことは問題無いと思うのですが・・・。
次回は間違いなく昆虫になるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「モロンがやって来た!」

insectarium.JPG

 本日(5月14日)から長崎バイオパーク昆虫館初登場のモロンシロカブトの生体展示を開催致します。モロンオオカブトは2005年にメキシコのサンタマルタ山脈に住むヒルスシロカブトを亜種として登録されたものです。モロンオオカブトとも呼ばれますが、体長は53~84㎜です。

moron.JPG

下の写真はヘルクレス・リッキー(体長約140mmの個体)との比較写真です。

riki&moron.JPG

 長崎バイオパークの昆虫館ではその標本すら入手出来ていませんでした。このため、近年導入すべく探し回っていたのです。念願叶いようやく手にした時はとてつもなく感動しました。体型や体色はヒルスシロカブトというよりもヘルクレスオオカブトの小型個体に良く似ています。メスの前翅はオスよりも黒っぽく先端付近が褐色になっています。今回入手した個体は日本国内で繫殖したものです。今年はミヤシタシロカブトも初めて展示することが出来ましたので、今までの昆虫館の歴史で、5種1亜種が現存するシロカブトのなかまはすべて生体展示を行なったことなります。そしてこの個体が死亡した後は標本としてしっかり残して行く予定です。オスとメスがいるので繫殖にもトライしています。すでに同居した昨日に交尾も確認しています。

moronpea.JPG

今年初の展示2種類(モロンシロカブトとミヤシタシロカブト)を同じ水槽で仕切って展示しています。我ながら大満足です。

sirokabutotenzi.JPG

 また、昨日までヘルクレスオオカブトの蛹の展示をしていましたが、本日よりマルスゾウカブトのオス2頭の展示と交代です。このマルスゾウカブトは2014年秋に当園で孵化した個体ですので蛹まで2年以上掛かっています。

sanagi.JPG

さなぎの展示には生きていることを表示しなければ作り物と思われてしまいます。でもたまにモゾモゾと動きますのでその時は歓声が上がります。時には「気持ち悪い」。とか「土に埋めなくて大丈夫か?」という声もあるようです。

sanagitenzi.JPG

 モロンシロカブトは1ペアしかいませんので、この個体が死亡したら生体展示は終了となります。また、メスに関しては早いうちに産卵させる容器に移しますので展示から早々にいなくなるでしょう。マルスゾウカブトのさなぎも約1ヶ月で成虫に羽化しますので、これも6月中旬くらいまでと考えています。興味のある方はお早めのご来園をお勧めいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「ファーブル伊藤の生き物日記が長崎のテレビで放送!」

nandenkafe.JPG
 長崎放送(NBC)で4月から長崎ケーブルメディア制作の「なんでんカフェ モーニング」が毎週月曜日から木曜日まで放送されていますが、その中でこのブログと同じタイトルの「ファーブル伊藤の生き物日記」というコーナーが毎月1回放送が予定されています。この「なんでんカフェ モーニング」は長崎ケーブルメディアで放送している「なんでんカフェ」の中から選ばれたコーナーをNBCで放送しています。これまで長崎ケーブルメディアのケーブルエリア内で加入したお宅だけが視聴出来たのですが、4月からは長崎県内の方すべてが見ることが出来るようになったのです。
 4月は5日に放送があり、内容はコンゴウインコと嫌われる虫展でした。以下の写真が記念すべき1回目の新聞のテレビ欄になります。何と「ファーブル伊藤の生き物日記」と書かれているではありませんか!うれしいやら、はずかしいやら複雑な気持ちです。芸名(?)でのテレビ紹介は初めてです。
4・5NBC.JPG
 先日、長崎ケーブルメディアの「なんでんカフェ」にはスタジオ生放送で出演して来ましたが、その番組のコーナーが今度は5月4日に長崎放送(NBC)で朝9時55分から放送があります。内容はキツネザルの赤ちゃんと世界のカブト・クワガタ展です。この放送の予告も自宅のブルーレイの予約欄にありました。何とすでに今度はファーブル伊藤の芸名(?)は消えていました!タイトル名が長いとこうなるのでしょうか。
5・4NBCTV.JPG
 長崎ケーブルメディアの「なんでんカフェ」では2015年6月よりお世話になっておりまして、これまで毎月1回のペースでバイオパークの動物たちの紹介をさせて頂いています。このコーナーの出演者は長崎亭キヨちゃんぽんさんという長崎では有名なお笑い芸人の方です。このため、私にはキヨちゃんの相方として「西海亭マサ皿うどん」と命名しましたが、とても言い辛いので通常は使用していません。
 これまでキヨちゃんにはお笑い芸人としてザリガニに鼻を挟まれたり、ラマにツバをかけられたりと体を張ってバイオパークの動物紹介をしていただきましたが、今後も楽しくそして少し真面目に動物たちの素晴らしいところを紹介していきたいと思います。
 長崎県内の方は是非5月4日の放送をご覧下さい。GWでバイオパークに来られる方は録画予約をお願い致します!!ちなみに私の親友である、かえる先生こと松尾公則さんのコーナーの「かえる先生の授業」は5月3日放送で、バイオパークのアライグマも登場します。こちらも是非ご覧下さい。私はアライグマの後ろでチラット出ています。
NCM②.jpeg

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「2017年の世界のカブト・クワガタ展」

kabukuwaten.JPG
 4月9日(日)で惜しまれつつも「嫌われる虫展」は終了しました。とても好評(?)だったのでまた近い内にパート2を行なおうかなと画策しているところです。
 本来は4月22日から開催予定だった恒例の「世界のカブト・クワガタ展」ですが、すでにカブト。クワガタへの展示換えが終了しました。これは担当者の仕事が早いためだったのか、嫌われる虫を逸早く終わなければならないという使命感だったのかは不明です。
miyashita.JPG
 今年も当館初お目見えという生きたカブトムシが登場しています。それは上の写真のカブトムシで、その名は「ミヤシタシロカブト」です。その名前のとおり昆虫研究家(昆虫標本商)の宮下さんの名前が付いている白いカブトムシです。本種は2004年に新種として発表されています。生息地域はメキシコの南部です。2年前にマヤシロカブトも当館初公開として展示しましたが、その子供たちは現在終令幼虫で早ければこの夏にもバイオパーク生まれのマヤシロカブトたちも展示できるかもしれません。シロカブト類は他にグラントシロカブトとティティウスシロカブトも展示しています。それぞれの特徴をご覧下さい。生体展示のもうひとつの目玉は、横幅が180cmもある水槽に「世界最大のカブトムシ」であるヘルクレスオオカブトの最大亜種を複数展示することですが、現在最終チェック中です。4月22日までには8匹での展示を行ないます。
 今回の生体展示は「世界最美のクワガタ」であるニジイロクワガタや「世界最大のクワガタ」で有名なギラファノコギリクワガタ、「世界最重量のカブトムシ」であるゾウカブトなど30種類のカブト・クワガタを集めています。
migi.JPG
また、標本ではカブトムシのなかまが標本箱で41箱、約300種類700点、クワガタムシのなかまは標本箱で65箱、約600種類2200点を展示しています。
japan.JPG
 その標本の内容ですが、通常は「ミヤマクワガタのなかま」とか「ゾウカブトのなかま」など分類別に収容しています。ただ、上の写真のように日本のクワガタとして収容している標本箱もあります。
 また、下の写真のようにギラファノコギリクワガタの亜種を集めて比較した標本箱もあります。他にも「7本足のカブトムシ」や「雌雄型のクワガタ」「大アゴが4本あるノコギリクワガタ」などの標本もあり、カブト・クワガタ好きにはたまらない世界になっていると自負しています。なお、以前に寄贈頂いたカブト・クワガタの本なども50冊程閲覧できるようになっています。
giraffa.JPG
 実は標本は今から夏休み前が一番充実した内容と数になっています。夏休みに入るとタッチングコーナーや販売コーナーに標本の場所を半分近く開けなければならないからです。このため、現在の106箱約900種類2900点の展示から半数近くに減ってしまうのです。タッチングより多くの種類の標本を見たい方は今が一番良いと思います。
 生体展示についても8月の終わりまでの3ヶ月間というロングランでの展示ですので、ここに記載した生体展示も種類が一部変わることはご了承ください。生体展示して死亡した昆虫たちのほとんどを標本として残しています。このため、初夏の生体展示が秋近くには標本として登場している場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「嫌われる虫」展が始まります。

 kirawareru.JPG
 この春の昆虫館は少し異色な虫たちを集めています。多くの人から嫌われている虫。マニアックというかゲテモノというか園内の職員からも嫌な顔をされた虫たちが大集合です。満を持してこの企画に挑みました。タイトルは「嫌われる虫~世界のゴキブリ大集合!」展(3月11日~4月9日)です。世界のゴキブリたちを20種類以上集め、さらにタランチュラやサソリ、カメムシなどの嫌われる生き物を展示しました。
 人々が一部の虫を嫌う理由としては様々な原因があると思います。刺すから嫌い!見た目が気持ち悪い!見た目が怖い!作物の害虫だから嫌い!家に侵入するから嫌い!などが上げられるでしょうか。他にクマゼミが夏の炎天下に鳴くと暑さが倍増するから嫌いとか、テレビの製作から聞いた話では夏以外に放送するのでセミに鳴かれると季節感が変わるので困るなんてこともあるようです。
また、昆虫ではありませんが、ムカデやヤスデ、ゲジなどは脚が多すぎて気持ち悪いので嫌う人が多いようです。カブトムシの成虫はかっこいいので好きという人は多いのですが、幼虫は巨大ないもむしですから嫌われることが多いようですね。
sasori.jpg
 今までの昆虫館の展示企画では特に子供たちに人気がある「世界のカブト・クワガタ」展や美しい昆虫を集めた「キラキラ光る昆虫」展など一般受けする企画が多かったと思います。「マレーシアの昆虫展」や「中南米の昆虫展」などでサソリやタランチュラ、ヤスデなどを展示したことはありましたが、昆虫館全体が嫌われる虫一色になったのは初めてのことだと思います。(でも私は個人的にワクワク感満載です。)
kumo.jpg
 ある調査で日本人が嫌いな生き物はやはりゴキブリだったと聞いたことがあります。私の家族もゴキブリが大の苦手で家に出没した時の対応はすべて私が行なっています。嫌われる理由としては家に侵入する神出鬼没なことや台所で食器などを徘徊して不衛生なところ。そして動きが素早く時には家の中を飛び回ることでしょうか。
 しかし、ゴキブリという生き物を多くの方が間違った認識をしていると思います。ゴキブリがすべて上記のような虫ではありません。世界には約4000種類のゴキブリが知られていますが、害虫として家に侵入してくる種類はその1%以下なのです。99%以上のゴキブリたちは人の生活とは離れた森林などで生活しています。そして自然界の食物連鎖の中で捕食される側として子孫繁栄のためたくさんの卵を産んで種を保っているのです。ゴキブリたちも自然界の中ではトカゲや雑食性の小型哺乳類、鳥類などから常に狙われているのです。このため、一部のゴキブリたちは外敵がいなく安全で、暖かく、食料もある人の家に侵入してきたのです。ゴキブリたちは人類よりのはるか先にこの地球上で繁栄してきた昆虫です。化石として見つかるゴキブリの先祖たちは現世のゴキブリとそれほど変わっていない古代からすでに完成された生き物です。
 今回も一部のゴキブリたちは長崎県内で採集しました。サツマゴキブリという種類は道路の法面工事で使用する水抜き穴にも生息しています。棒などを使用してその穴から引き出して取りました。
 haruoka.JPG
 欧米ではペットでゴキブリを飼う人がたくさんおり、日本でも近年はその傾向があり、ペットゴキブリを販売しているショップもあります。
ペットゴキブリで知られているのは、マダガスカル産のゴキブリたちでしょう。特にマダガスカルヒッシングローチと呼ばれているのは、翅がなく、動きも鈍いため我々のゴキブリのイメージとはかなりかけ離れている気がします。
mogura②.jpg
 そして、ペットゴキブリの最高峰はオーストラリアに住むヨロイモグラゴキブリでしょう。ゴキブリファンは是非飼育してみたいゴキブリのナンバーワンと言われています。世界最重量の本種はユーカリの林の土中に穴を掘り家族で生活しています。有毒物質を含むユーカリの落ち葉を食べて、土に換えてくれる大切な役割をしているのです。土中の生活のため、動きも鈍く翅も無いゴキブリですので、見た目もゴキブリというよりもカブトムシや三葉虫のようです。寿命も約10年と長生きです。

 ここまで読んで頂いて、ゴキブリたちのこと興味が沸いて来ましたでしょうか?逆に益々嫌いになってしまったでしょうか?
 約1ヶ月間という短い期間での展示です。是非、気合を入れて昆虫館のドアを開けてみてください。お化け屋敷的な感覚でも結構です。ガラスの向こうにいる虫たちは皆様の方には出てきませんので、怖がらずにじっくり観察することが出来ますよ。少しでもこの同じ地球に住む仲間としてご覧頂ければ幸いです。タッチングコーナーも設置しますので、勇気があれば直に触ってみてください。

 しかし、それでも益々嫌いになった場合はごめんなさい。


 最後は我が家で撮った写真ではありません。展示物のひとつです。
sinku.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「春を探しに山へ」

 長崎県地方の春一番が2月16日だったと報道で知りましたが、ちょうどその日は公休でしたので、長崎県北部で一番高い山に行って来ました。
 目的は新春の恵みを見つけることでした。長年フィールドに出ていると様々な自然のその時がだんだん分かるようになってきました。ところが、標高600m付近では思いもよらず先週の雪が残っており不安が過ぎります。
zannsetu.JPG
ノーマルタイヤではこれ以上進むのが心配のため、歩いて散策したところ、目的の植物が雪に負けずに顔を出していました。
yukitofukinotou.JPG
目的の新春の恵みとはふきのとうです。日当たりの良い雪が解けた場所には早くも花が咲いているものもありました。少しずつですが、季節は確実に進んでいるようです。
fukinotouhana.JPG
 その後は昨年収穫した以外の新しい場所も見つけられたので、こんなにたくさん採れました。収穫したほとんどはこれを毎年待っている人に送りました。一部はその夜はてんぷらにして春の香りと独特のほろ苦い味を1年ぶりに堪能しました。
子供の頃は両親の実家がある長野県伊那市に春休みに行くと川や田んぼのまわりにたくさんのふきのとうがあったのを思い出しますが、長野県と比べるとふきのとうのでるのが約1ヶ月以上も早いことになります。
fukkinotousilyuukaku.JPG
 新春の恵みをたくさん収穫できた喜びはありましたが、山を見ると今年もこれから大変な時期が来ることを予感させる風景がありました。山の木々が緑色ではなく赤茶けた色をしているのです。特に今年は多く思われます。
sugi.JPG
赤茶けた木は杉です。この当たりは植林地が多いので杉林や檜林がたくさんあります。その杉に近寄ってみるとたくさんの雄花がありました。まだ、この当たりは開いていないようです。
suginotubomi.JPG
 今のところ私は花粉症の経験がないのですが、バイオパークのある社員は花粉症に悩まされているのを長年見ていますので何時私もそうなるか心配であり人事ではありませんが、早く暖かくなって昆虫採集に出かけたいとウズウズしています。冬には採集に行っていないので休みには動かない為、体重も増加傾向で困っています。
 春は動物の出産ラッシュでもありますので、毎年この時期は春が待ち遠しいです。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「冬に動き出す生き物」

kasumi-osu1.JPG
 毎年、1月になると、長崎バイオパークの園内である生き物が産卵します。上の写真がその生き物ですが、何かお分かりですか?大きさは12cmくらいなので、ボールペンの長さくらいでしょうか。イモリではありません。答えはサンショウウオのなかまのカスミサンショウウオです。
 私は高校生の頃、生物部でハコネサンショウウオの研究をしていましたので、このような小型サンショウウオが大好きです。長崎バイオパークの飼育係になってうれしかったことのひとつとして園内にサンショウウオが生活していることでした。そして33年間、毎年この産卵場所に今年も繁殖行動をしているかを観察し続けてきました。
 今年は1月13~15日にかけて少し暖かい雨が降りました。メスはこの雨をきっかけとして産卵場所に移動します。オスはというとその産卵場所で12月頃からメスを待っています。今回、その産卵場所を網で2~3回掬ってみました。すると18匹もの成体が取れました。18匹はすべてオスでした。(このオスたちは写真撮影後すぐにいた場所に放しました。)
このように長崎バイオパークにはあまり目に付かないけれども多くの野生生物の営みが見られます。
kasumi-osu18.JPG
 下の写真がそのサンショウウオの卵です。小さな卵がたくさん入っているバナナ状の袋を卵のうと言います。その卵のうは1匹のメスが1対を産みます。その卵のうの中には合わせて100~200個もの卵が入っています。写真の卵のうは左右違う日に違うメスが産んだもので、発生段階が違っています。少し分かりにくいかもしれませんが、左の卵のうの卵はだるま型で右はそれよりも発生が早く、魚の型に近くなっています。kasumi-egg2.JPG
 卵のうは普通、水中にある石や枯れ枝などにくっ付けて産みますが、下の写真のように水中にある人工物にも産むことがあります。これは発泡スチロールの箱が産卵場所に落ちており、その底に2対の卵のうが付着していました。そこは人目に触れないところですので、ナイスアイデアですね。でも産卵場所はゴミなどがないようにしておきたいところです。
kasumi-egg.JPG
 カスミサンショウウオの産卵シーズンは3月頃までなので、オスたちはそれまでメスを待って繁殖活動を行ないます。その後は涼しく湿度の高い、林内に戻り次の産卵シーズンに備えます。佐賀県では外来種の野生のアライグマによって産卵期に集まるサンショウウオたちが食害を受けているという報告を聞きます。なんと硬くておいしくない尾を残して食べてしまうのです。産卵期以外は単独で生活しているサンショウウオたちを見ることはほとんどありませんが、産卵期は集団になりますので、今後、長崎県内でも野生のアライグマが増えると同様なことが起きるおそれがあります。
kasumi-egg-osu.JPG
 卵から孵化した幼生は6月頃までには上陸して陸上生活を行ないます。その後、成体になって、この産卵場所に戻るのが、数年先になります。少しでも多くの個体がまたこの産卵場所に戻ってきて欲しいものです。今年上陸した子供たちが成体になって、初めてこの産卵場所に戻ってくる年に観察している私は赤い防寒着を着ているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「キラキラ始めました!」

sanagi②.JPG
 今年も12月1日より長崎バイオパークのクリスマスイベントである「チョウのさなぎのクリスマスツリー」の展示が始まっています。真っ白なツリーに黄金色のオオゴマダラのさなぎが30匹前後飾ってあります。
 飾ってあると書きましたが、このさなぎは生きており、約2週間でチョウに羽化します。このため、運が良ければ神秘的な羽化の様子を観察できるのです。羽化はとても感動的ですが、さなぎからチョウが脱出するのはあっという間ですので、見られた方は本当にラッキーですよ。
sanagi③.JPG
 以前、「生き物をツリーに飾るなんてかわいそうだ!」というご意見をお聞きしたことがありましたが、ご説明すると納得していただきました。そのご意見とは「さなぎに色を塗って殺している」と勘違いされたからでした。この色も自然であり、殺しておらずチョウの羽化する場所になっていると話したことを覚えています。我々は自然にこの色であることは飼育していて知っていましたが、普通に考えるとこんなに美しいさなぎは自然界にいないと思うのが当然なのでしょう。
uka.JPG
 今日も2匹が羽化しており、お客様に説明すると記念に写真を撮っていました。明日の朝には飛翔して今開花しているトックリキワタの花の蜜を吸いに行くのでしょうか。
kirakira.JPG
 また、昆虫館では「キラキラ輝く昆虫展」も本日より開催しています。昆虫は天敵が多い弱い生き物ですから、そのほとんどが保護色の体色をしています。しかし、それに反して、オオゴマダラのさなぎのように光輝いている昆虫もいます。その昆虫たちを集めたのがこの展示になります。
 タマムシやモルフォチョウなどの標本以外にもカナブンやニジイロクワガタ、ナナホシキンカメムシなどの生きた昆虫の展示もあります。
oosennti.JPG
 その中でオオセンチコガネは今年の夏に長崎県島原半島の牧場で牛の糞の中から採集してきました。糞にこのような美しい虫が集まるのも不思議ですね。
sennti-tori.JPG
暑い中で若者が牛のフンと糞闘して来ました。

虫が苦手な方もこの昆虫の美の鑑賞に是非昆虫館にお立ち寄りください。展示は2月28日まで行なっています。

 

過去の記事一覧

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。