ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「嫌われる虫」展が始まります。

 kirawareru.JPG
 この春の昆虫館は少し異色な虫たちを集めています。多くの人から嫌われている虫。マニアックというかゲテモノというか園内の職員からも嫌な顔をされた虫たちが大集合です。満を持してこの企画に挑みました。タイトルは「嫌われる虫~世界のゴキブリ大集合!」展(3月11日~4月9日)です。世界のゴキブリたちを20種類以上集め、さらにタランチュラやサソリ、カメムシなどの嫌われる生き物を展示しました。
 人々が一部の虫を嫌う理由としては様々な原因があると思います。刺すから嫌い!見た目が気持ち悪い!見た目が怖い!作物の害虫だから嫌い!家に侵入するから嫌い!などが上げられるでしょうか。他にクマゼミが夏の炎天下に鳴くと暑さが倍増するから嫌いとか、テレビの製作から聞いた話では夏以外に放送するのでセミに鳴かれると季節感が変わるので困るなんてこともあるようです。
また、昆虫ではありませんが、ムカデやヤスデ、ゲジなどは脚が多すぎて気持ち悪いので嫌う人が多いようです。カブトムシの成虫はかっこいいので好きという人は多いのですが、幼虫は巨大ないもむしですから嫌われることが多いようですね。
sasori.jpg
 今までの昆虫館の展示企画では特に子供たちに人気がある「世界のカブト・クワガタ」展や美しい昆虫を集めた「キラキラ光る昆虫」展など一般受けする企画が多かったと思います。「マレーシアの昆虫展」や「中南米の昆虫展」などでサソリやタランチュラ、ヤスデなどを展示したことはありましたが、昆虫館全体が嫌われる虫一色になったのは初めてのことだと思います。(でも私は個人的にワクワク感満載です。)
kumo.jpg
 ある調査で日本人が嫌いな生き物はやはりゴキブリだったと聞いたことがあります。私の家族もゴキブリが大の苦手で家に出没した時の対応はすべて私が行なっています。嫌われる理由としては家に侵入する神出鬼没なことや台所で食器などを徘徊して不衛生なところ。そして動きが素早く時には家の中を飛び回ることでしょうか。
 しかし、ゴキブリという生き物を多くの方が間違った認識をしていると思います。ゴキブリがすべて上記のような虫ではありません。世界には約4000種類のゴキブリが知られていますが、害虫として家に侵入してくる種類はその1%以下なのです。99%以上のゴキブリたちは人の生活とは離れた森林などで生活しています。そして自然界の食物連鎖の中で捕食される側として子孫繁栄のためたくさんの卵を産んで種を保っているのです。ゴキブリたちも自然界の中ではトカゲや雑食性の小型哺乳類、鳥類などから常に狙われているのです。このため、一部のゴキブリたちは外敵がいなく安全で、暖かく、食料もある人の家に侵入してきたのです。ゴキブリたちは人類よりのはるか先にこの地球上で繁栄してきた昆虫です。化石として見つかるゴキブリの先祖たちは現世のゴキブリとそれほど変わっていない古代からすでに完成された生き物です。
 今回も一部のゴキブリたちは長崎県内で採集しました。サツマゴキブリという種類は道路の法面工事で使用する水抜き穴にも生息しています。棒などを使用してその穴から引き出して取りました。
 haruoka.JPG
 欧米ではペットでゴキブリを飼う人がたくさんおり、日本でも近年はその傾向があり、ペットゴキブリを販売しているショップもあります。
ペットゴキブリで知られているのは、マダガスカル産のゴキブリたちでしょう。特にマダガスカルヒッシングローチと呼ばれているのは、翅がなく、動きも鈍いため我々のゴキブリのイメージとはかなりかけ離れている気がします。
mogura②.jpg
 そして、ペットゴキブリの最高峰はオーストラリアに住むヨロイモグラゴキブリでしょう。ゴキブリファンは是非飼育してみたいゴキブリのナンバーワンと言われています。世界最重量の本種はユーカリの林の土中に穴を掘り家族で生活しています。有毒物質を含むユーカリの落ち葉を食べて、土に換えてくれる大切な役割をしているのです。土中の生活のため、動きも鈍く翅も無いゴキブリですので、見た目もゴキブリというよりもカブトムシや三葉虫のようです。寿命も約10年と長生きです。

 ここまで読んで頂いて、ゴキブリたちのこと興味が沸いて来ましたでしょうか?逆に益々嫌いになってしまったでしょうか?
 約1ヶ月間という短い期間での展示です。是非、気合を入れて昆虫館のドアを開けてみてください。お化け屋敷的な感覚でも結構です。ガラスの向こうにいる虫たちは皆様の方には出てきませんので、怖がらずにじっくり観察することが出来ますよ。少しでもこの同じ地球に住む仲間としてご覧頂ければ幸いです。タッチングコーナーも設置しますので、勇気があれば直に触ってみてください。

 しかし、それでも益々嫌いになった場合はごめんなさい。


 最後は我が家で撮った写真ではありません。展示物のひとつです。
sinku.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「春を探しに山へ」

 長崎県地方の春一番が2月16日だったと報道で知りましたが、ちょうどその日は公休でしたので、長崎県北部で一番高い山に行って来ました。
 目的は新春の恵みを見つけることでした。長年フィールドに出ていると様々な自然のその時がだんだん分かるようになってきました。ところが、標高600m付近では思いもよらず先週の雪が残っており不安が過ぎります。
zannsetu.JPG
ノーマルタイヤではこれ以上進むのが心配のため、歩いて散策したところ、目的の植物が雪に負けずに顔を出していました。
yukitofukinotou.JPG
目的の新春の恵みとはふきのとうです。日当たりの良い雪が解けた場所には早くも花が咲いているものもありました。少しずつですが、季節は確実に進んでいるようです。
fukinotouhana.JPG
 その後は昨年収穫した以外の新しい場所も見つけられたので、こんなにたくさん採れました。収穫したほとんどはこれを毎年待っている人に送りました。一部はその夜はてんぷらにして春の香りと独特のほろ苦い味を1年ぶりに堪能しました。
子供の頃は両親の実家がある長野県伊那市に春休みに行くと川や田んぼのまわりにたくさんのふきのとうがあったのを思い出しますが、長野県と比べるとふきのとうのでるのが約1ヶ月以上も早いことになります。
fukkinotousilyuukaku.JPG
 新春の恵みをたくさん収穫できた喜びはありましたが、山を見ると今年もこれから大変な時期が来ることを予感させる風景がありました。山の木々が緑色ではなく赤茶けた色をしているのです。特に今年は多く思われます。
sugi.JPG
赤茶けた木は杉です。この当たりは植林地が多いので杉林や檜林がたくさんあります。その杉に近寄ってみるとたくさんの雄花がありました。まだ、この当たりは開いていないようです。
suginotubomi.JPG
 今のところ私は花粉症の経験がないのですが、バイオパークのある社員は花粉症に悩まされているのを長年見ていますので何時私もそうなるか心配であり人事ではありませんが、早く暖かくなって昆虫採集に出かけたいとウズウズしています。冬には採集に行っていないので休みには動かない為、体重も増加傾向で困っています。
 春は動物の出産ラッシュでもありますので、毎年この時期は春が待ち遠しいです。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「冬に動き出す生き物」

kasumi-osu1.JPG
 毎年、1月になると、長崎バイオパークの園内である生き物が産卵します。上の写真がその生き物ですが、何かお分かりですか?大きさは12cmくらいなので、ボールペンの長さくらいでしょうか。イモリではありません。答えはサンショウウオのなかまのカスミサンショウウオです。
 私は高校生の頃、生物部でハコネサンショウウオの研究をしていましたので、このような小型サンショウウオが大好きです。長崎バイオパークの飼育係になってうれしかったことのひとつとして園内にサンショウウオが生活していることでした。そして33年間、毎年この産卵場所に今年も繁殖行動をしているかを観察し続けてきました。
 今年は1月13~15日にかけて少し暖かい雨が降りました。メスはこの雨をきっかけとして産卵場所に移動します。オスはというとその産卵場所で12月頃からメスを待っています。今回、その産卵場所を網で2~3回掬ってみました。すると18匹もの成体が取れました。18匹はすべてオスでした。(このオスたちは写真撮影後すぐにいた場所に放しました。)
このように長崎バイオパークにはあまり目に付かないけれども多くの野生生物の営みが見られます。
kasumi-osu18.JPG
 下の写真がそのサンショウウオの卵です。小さな卵がたくさん入っているバナナ状の袋を卵のうと言います。その卵のうは1匹のメスが1対を産みます。その卵のうの中には合わせて100~200個もの卵が入っています。写真の卵のうは左右違う日に違うメスが産んだもので、発生段階が違っています。少し分かりにくいかもしれませんが、左の卵のうの卵はだるま型で右はそれよりも発生が早く、魚の型に近くなっています。kasumi-egg2.JPG
 卵のうは普通、水中にある石や枯れ枝などにくっ付けて産みますが、下の写真のように水中にある人工物にも産むことがあります。これは発泡スチロールの箱が産卵場所に落ちており、その底に2対の卵のうが付着していました。そこは人目に触れないところですので、ナイスアイデアですね。でも産卵場所はゴミなどがないようにしておきたいところです。
kasumi-egg.JPG
 カスミサンショウウオの産卵シーズンは3月頃までなので、オスたちはそれまでメスを待って繁殖活動を行ないます。その後は涼しく湿度の高い、林内に戻り次の産卵シーズンに備えます。佐賀県では外来種の野生のアライグマによって産卵期に集まるサンショウウオたちが食害を受けているという報告を聞きます。なんと硬くておいしくない尾を残して食べてしまうのです。産卵期以外は単独で生活しているサンショウウオたちを見ることはほとんどありませんが、産卵期は集団になりますので、今後、長崎県内でも野生のアライグマが増えると同様なことが起きるおそれがあります。
kasumi-egg-osu.JPG
 卵から孵化した幼生は6月頃までには上陸して陸上生活を行ないます。その後、成体になって、この産卵場所に戻るのが、数年先になります。少しでも多くの個体がまたこの産卵場所に戻ってきて欲しいものです。今年上陸した子供たちが成体になって、初めてこの産卵場所に戻ってくる年に観察している私は赤い防寒着を着ているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「キラキラ始めました!」

sanagi②.JPG
 今年も12月1日より長崎バイオパークのクリスマスイベントである「チョウのさなぎのクリスマスツリー」の展示が始まっています。真っ白なツリーに黄金色のオオゴマダラのさなぎが30匹前後飾ってあります。
 飾ってあると書きましたが、このさなぎは生きており、約2週間でチョウに羽化します。このため、運が良ければ神秘的な羽化の様子を観察できるのです。羽化はとても感動的ですが、さなぎからチョウが脱出するのはあっという間ですので、見られた方は本当にラッキーですよ。
sanagi③.JPG
 以前、「生き物をツリーに飾るなんてかわいそうだ!」というご意見をお聞きしたことがありましたが、ご説明すると納得していただきました。そのご意見とは「さなぎに色を塗って殺している」と勘違いされたからでした。この色も自然であり、殺しておらずチョウの羽化する場所になっていると話したことを覚えています。我々は自然にこの色であることは飼育していて知っていましたが、普通に考えるとこんなに美しいさなぎは自然界にいないと思うのが当然なのでしょう。
uka.JPG
 今日も2匹が羽化しており、お客様に説明すると記念に写真を撮っていました。明日の朝には飛翔して今開花しているトックリキワタの花の蜜を吸いに行くのでしょうか。
kirakira.JPG
 また、昆虫館では「キラキラ輝く昆虫展」も本日より開催しています。昆虫は天敵が多い弱い生き物ですから、そのほとんどが保護色の体色をしています。しかし、それに反して、オオゴマダラのさなぎのように光輝いている昆虫もいます。その昆虫たちを集めたのがこの展示になります。
 タマムシやモルフォチョウなどの標本以外にもカナブンやニジイロクワガタ、ナナホシキンカメムシなどの生きた昆虫の展示もあります。
oosennti.JPG
 その中でオオセンチコガネは今年の夏に長崎県島原半島の牧場で牛の糞の中から採集してきました。糞にこのような美しい虫が集まるのも不思議ですね。
sennti-tori.JPG
暑い中で若者が牛のフンと糞闘して来ました。

虫が苦手な方もこの昆虫の美の鑑賞に是非昆虫館にお立ち寄りください。展示は2月28日まで行なっています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「カバの事ばかり考えていると・・・」

tetotomomo.JPG 
 10月10日にカバのモモが第5子を出産してから、最近は何かとカバが頭から離れません。このような状態が続くと何でもカバに見えてくることがあるようです。

ここは飼育事務所の入口です。おや・・・・。
siikuzimusilyo.JPG
あれは・・・。
kinone.JPG
何と・・・・。
kabano.JPG
カバでしょう!
本当はヤマモモの木の根がコブのように張り出したものなのですが、私にはカバの横顔にしか見えません。ちなみにこのカバはバックヤードの飼育事務所横ですので非公開です。


続きを読む

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。