ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大なススキ「パンパスグラス」が見ごろです~♪

20100901pampas1.jpg
アンデス広場に群生しているパンパスグラスが、一斉に白い花穂を出しました。
例年お盆頃から急に目立ちはじめるこの巨大なススキ、今年も気がつけばご覧のとおりです。バイオパークの職員は、この光景を見ると「ああ、秋なんだなぁ」と思ってしまうものです。

パンパスグラスは南米原産のイネ科の植物で、プラジルやアルゼンチンのパンパ(=草原)に生えている草。その穂の高さは約4メートルにも成長します。写真のヒトと比べてみると、その大きさが分かっていただけるカナ。
20100901pampas2.jpg20100901pampas3.jpg

出てきたばかりの穂はソフトクリームのような乳白色をしていますが、秋が深まるとともに徐々に茶色みを帯びていきます。台風などの悪天候に見舞われなければ、10月末頃まで背高ノッポの姿がご覧いただけると思います。
園内でいちばん見ごたえのある場所はアンデス広場です。秋色のバイオパークをご覧あれ。

【動画でもご紹介します!】
《パンパスグラス》

携帯の方はコチラからどうぞ

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。