ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

シャボテンロックガーデン

シャボテンロックガーデン

シャボテンは、16世紀後半に南蛮人によって日本に持ち込まれたと言われており、その呼び名も、彼らがその樹液を石鹸として使っていたことから、シャボンに由来するとされています。乾燥した環境でも生きていけるように、葉と茎は退化し、トゲや厚い表皮に覆われ、水や養分を体のなかにたくわえることができるシャボテン。太陽の光を浴び、時を経てラマの岩山の約半分にまで広がった園内のシャボテンは、今なお成長を続けています。毎年6月中頃に一斉に咲き誇るウチワシャボテンの花は、まさに絶景です。

このエリアには、白黒模様が特徴のマレーバクやスカンク、ハナグマなどが暮らしています。また、ひときわお客様に愛想がいいのは、マレーシアからやってきたコツメカワウソたち。マレーシア国立動物園とバイオパークの友好を記念して、2008年に来園しました。大きさは約50センチ位とカワウソの種類では小型ですが、2本足で立ち上がって手招きをしたり、水の中で仲間とじゃれ合うなど、とても愛くるしい仕草が特徴。きれい好きで、体の毛は自分で手入れをします。また、カワウソ展示場の向かい側にある「マレーシア情報館」では、マレーシアのさまざまな情報をパネルなどの展示物でご紹介。長崎バイオパークでは、今後もマレーシアとのパートナーシップを進め、業務提携や共同研究など、さまざまな国際交流の発展につなげていく予定です。

ここで見られる動物たち

アカハナグマ

哺乳綱-食肉目-アライグマ科

アカハナグマ

エリア

シャボテンロックガーデン

詳しくはこちら

シマスカンク

哺乳綱-食肉目-イタチ科

シマスカンク

エリア

シャボテンロックガーデン

詳しくはこちら

コツメカワウソ

哺乳綱-食肉目-イタチ科

コツメカワウソ

エリア

シャボテンロックガーデン

詳しくはこちら

マレーバク

哺乳綱-奇蹄目-バク科

マレーバク

エリア

シャボテンロックガーデン

詳しくはこちら

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。