ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

動物図鑑

マレーバク

哺乳綱-奇蹄目-バク科

マレーバク

分布・生息域 マレーシアやインドネシアの水辺
体の大きさ 体長約2m・体重は300㎏ほど。
飼育エリア シャボテンロックガーデン
食性(えさ) 草食動物ですので、草や葉を食べます。果物も好みます。
特徴 体色が黒と白にはっきり分かれているのが特徴のバクです。
別種のブラジルバクよりも一回り大きく、絶滅危惧種に指定されています。
生まれたときの体色は黒白がはっきり分かれておらず、黒地に白のぶちのような、うり坊に似た体色をしています。
その他の情報 ブラジルバクと同じく、泳ぐことが得意です。
水辺に暮らし、自分たちの臭いを残さないようにトイレも水の中でします。
よくバクは夢を食べると言われますが、夢を食べるのは中国の伝説の生き物「獏」のことで、ブラジルバクもマレーバクも夢は食べられません。
バイオパークのエピソード マレーシア野生生物国立公園局との間でマレーバク保護協定に調印し、バイオパークにやってきました。
バイオパークがマレーバクを飼育するのは初めてのことです。
実際にマレーシアまで研修に行き、マレーバクについて現地の飼育員の方たちから教わってきました。
これからもマレーバクが住み良い環境を作っていかなければなりません。

一覧へ戻る

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。