ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

動物図鑑

オオカンガルー

哺乳綱-有袋目-カンガルー科

オオカンガルー

分布・生息域 オーストラリア東部、タスマニア島
体の大きさ 体長はオスで100~140cm、メスはオスより小さく体長85~120㎝です。尾の長さはオスで約100cm、メスは約75㎝です
飼育エリア カンガルーの丘とリスザルの森
食性(えさ) 主に草を食べています。バイオパークでも干草や草食獣ペレット、ニンジン、キャベツなどを与えています。
特徴 体色は灰色のため、以前はハイイロカンガルーと呼ばれていました。アカカンガルーに次ぐ大型のカンガルーです。
その他の情報 妊娠期間は約36日で、1産1子です。生まれた子供は自力で袋の中に入り、約6ヶ月で袋から顔を出します。袋の中には4つの乳頭があり、そのひとつを使用します。
バイオパークのエピソード このカンガルーたちは福岡県北九州市ひびき動物ワールドからオス6頭、メス4頭が2008年3月に来園しました。当園ではオオカンガルーの展示場に人が入ることが出来ます。この時に触ることもできるでしょう。

一覧へ戻る

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。