ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「21年目に入ったアサギマダラのマーキング調査」

asagi.JPG

 毎年ゴールデンウィークが終わると近くの山に向かいアサギマダラのマーキング調査を始めます。アサギマダラのマーキング調査とは野外で捕獲したアサギマダラの成虫の翅に自分で決めた標識を油性ペンで書き、それを放蝶して次ぎにどこかで再捕獲されるのを待つという方法で行います。私はこの調査に参加して、今年で21年目に突入しました。昨年は私の20年目の調査でしたが、、私のマーク個体も全国のマーク個体も大きな移動の成果が出ませんでした。近年、日本から台湾に移動する個体の報告が多く、昨年も当たり前のようにその移動があるものと思われていたのですが・・・・・。生き物の不思議は尽きないもので、それがまた調査欲をかき立てることもあるようです。

asagi100.JPG

 これは5月25日に今年100頭目のマーキングを行なった個体の写真です。今年100頭目に捕獲した個体は新鮮な翅だったので、遠く南西諸島から長崎に来たものではなく、長崎県内外の近隣で羽化したものと推測しています。今の時期に捕獲した場合はこのような美しい新鮮な個体がほとんどです。しかし、一部の個体は翅の色が褪せて破損の多い個体も混ざり、誰かのマーキングが無いかと期待してしまいます。
 初夏のこの時期に長崎県内でアサギマダラに出会える一番の花はノアザミです。他にエゴやウツギ類、イボタ、ネズミモチなどの花になります。

 アサギマダラは渡りをするチョウとして近年有名になってきました。毎年のようにテレビや新聞などにその移動習性などが報道されています。春に台湾や南西諸島から日本本土に移動して、秋に日本本土から南西諸島や台湾に移動することが知られていますが、それはこのマーキング調査から解明されています。北は北海道から南は台湾までの各地にアサギマダラの愛好家がいて、それぞれマーキングを行なっています。そして標識の付いたアサギマダラを再捕獲して報告するのです。
 
asagi-si.JPG
 
 しかし、アサギマダラにとって遠方への渡りは大変危険を伴うものと思います。先日も林道を歩いていると落ち葉の間にアサギマダラの死骸を見つけました。胴体が無かったので恐らく鳥に捕食されてしまったのでしょう。アサギマダラの幼虫はアルカロイド系の有毒物質を含むガガイモ科の植物を食べているため、捕食者が少ないと言われていますが、敵はいるようです。

 秋の移動記録と比べると春の移動記録はかなり少ないのですが、今年の新しい移動記録が出たらまたここで報告させて頂きます。皆さんもアサギマダラを見たらマークが付いているか確認してください。マークを読み取れた場合は是非ご連絡ください!あなたがこの小さなチョウの大移動の確認者となるかもしれません。 

 私と妻で行なうマーキング調査の今年の目標数は3年連続の5000頭です。

私の標識である『NBP』マーク個体の移動がたくさんあればいいなと願っています。『NBP』とはもちろん(N)長崎(B)バイオ(P)パークの略です。
今年も11月まで調査に走り回ります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「今朝ラマが生まれました!」

RAMA-ko.JPG

 本日(2017年5月26日)の朝にメスの子供が1頭生まれているのを飼育担当者が発見しました。ラマの誕生は2015年9月16日以来となります。
親子は共に元気で、今日保育園の親子遠足で来園していた保護者の方々に説明したところ、ほとんどの方が親の落ち着きぶりと子のしっかりとした足取りを見て、「今朝生まれたとは思えない!」と言う感想でした。恐らく動物たちの生命力の強さも感じられたことでしょう。
 子供を近距離で撮っていると、下の写真のように、心配した母親のテラが私と子供の間に入ってきて子供を隠そうとします。

RAMA-hahako2.JPG

 でも暫く一緒にいると心を許してくれたのか授乳を始めました。母親のテラは3頭目の子供ですので、子育てはベテラン慣れたものです。

RAMA-hahako1.JPG

 なお、この子の名前ですが、お兄さんがペーターでお姉さんがハイジです。ペーター、ハイジと来て、今回の子供が女の子となれば間違いなく、クララでしょう!?たぶん・・・・・・
(意表を突いてロッテンマイヤーとかは無いか!)

 5月16日にはアメリカビーバーの双子も誕生しています!

bi-ba2.JPG

 この双子の両親はディランとヨツバで、3回連続の双子出産となりました。このため、ビーバー一家は8頭の大家族となりました。名前はキキとララです。かわいい子供たちを是非見に来てください!

 最近の私のブログは「昆虫のことばっかりだ!」と知人からクレームを受けたのでようやく動物の記事が書けました。でもファーブル伊藤ですから昆虫記を書くことは問題無いと思うのですが・・・。
次回は間違いなく昆虫になるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「モロンがやって来た!」

insectarium.JPG

 本日(5月14日)から長崎バイオパーク昆虫館初登場のモロンシロカブトの生体展示を開催致します。モロンオオカブトは2005年にメキシコのサンタマルタ山脈に住むヒルスシロカブトを亜種として登録されたものです。モロンオオカブトとも呼ばれますが、体長は53~84㎜です。

moron.JPG

下の写真はヘルクレス・リッキー(体長約140mmの個体)との比較写真です。

riki&moron.JPG

 長崎バイオパークの昆虫館ではその標本すら入手出来ていませんでした。このため、近年導入すべく探し回っていたのです。念願叶いようやく手にした時はとてつもなく感動しました。体型や体色はヒルスシロカブトというよりもヘルクレスオオカブトの小型個体に良く似ています。メスの前翅はオスよりも黒っぽく先端付近が褐色になっています。今回入手した個体は日本国内で繫殖したものです。今年はミヤシタシロカブトも初めて展示することが出来ましたので、今までの昆虫館の歴史で、5種1亜種が現存するシロカブトのなかまはすべて生体展示を行なったことなります。そしてこの個体が死亡した後は標本としてしっかり残して行く予定です。オスとメスがいるので繫殖にもトライしています。すでに同居した昨日に交尾も確認しています。

moronpea.JPG

今年初の展示2種類(モロンシロカブトとミヤシタシロカブト)を同じ水槽で仕切って展示しています。我ながら大満足です。

sirokabutotenzi.JPG

 また、昨日までヘルクレスオオカブトの蛹の展示をしていましたが、本日よりマルスゾウカブトのオス2頭の展示と交代です。このマルスゾウカブトは2014年秋に当園で孵化した個体ですので蛹まで2年以上掛かっています。

sanagi.JPG

さなぎの展示には生きていることを表示しなければ作り物と思われてしまいます。でもたまにモゾモゾと動きますのでその時は歓声が上がります。時には「気持ち悪い」。とか「土に埋めなくて大丈夫か?」という声もあるようです。

sanagitenzi.JPG

 モロンシロカブトは1ペアしかいませんので、この個体が死亡したら生体展示は終了となります。また、メスに関しては早いうちに産卵させる容器に移しますので展示から早々にいなくなるでしょう。マルスゾウカブトのさなぎも約1ヶ月で成虫に羽化しますので、これも6月中旬くらいまでと考えています。興味のある方はお早めのご来園をお勧めいたします。

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。