ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「アサギマダラを追いかけて」

アザミで吸蜜♀.jpg
ゴールデンウィークが終わると長崎県内ではアサギマダラが成虫になって活動を始めます。この時を待っていた私は毎年近くのフィールドに出てアサギマダラを捜しています。

アサギマダラというチョウは日本全土で見られますが、その実態は遠距離の移動生活をしていることが今までの調査で判ってきています。春から初夏にかけては台湾や沖縄などの南方から本州・四国・九州に移動して世代交代後の秋には日本本土から沖縄などの南西諸島や台湾など南方に渡って行きます。

このチョウの魅力に引き込まれた私は昨年まで16年間このアサギマダラのマーキング調査を行っています。アサギマダラの翅の白い(半透明)部分に自分のマークを書き込み、次にどこで捕獲されるかを調べることをマーキング調査と呼んでいます。北海道から沖縄県まで多くの調査仲間がいてそれぞれマークをしながら、他人のマークした個体を見つけるという地道な活動です。ただ、子供でも年配の方でもできる楽しい研究でもあります。

16年間で48854匹(年平均3050匹)をマークしていますが、他県に移動して連絡を受けた数が87匹と再捕獲率は低確率なのが現状です。ただ、この中の1匹は遠く台湾で確認させています。チョウには人間の国境は関係ありません。

昨年は初夏に長崎県内から石川県に1匹、大分県に3匹移動し、秋には他県から長崎県内に移動した個体が長野県から4匹、山梨県から4匹、富山県から1匹、大分県から3匹を確認しています。また、長崎県から秋にマークした個体が鹿児島県、沖縄県で9匹見つけていただきました。

今年も5月8日から17年目となるアサギマダラのマーキング調査を始めています。この時期はノアザミに飛来して吸蜜していることが多く、まず近くの林道などでノアザミを捜します。毎年ノアザミが繁茂する場所は同じところが多いので昨年の状態を思い出しながら車で移動しながら丹念に捜していきます。

5月8日にはアサギマダラのオス2匹、14日にはオス1匹を目撃して捕獲しました。3匹共に美しく新鮮な個体だったので、恐らくこの近辺で羽化したものだと感じました。早速、アサギマダラの翅に私のマークを書き込み、本州など更に北へ移動することを願って放しました。

今年の1146匹目のマーク個体は私の通算50000匹目となります。まずこの数字を目指して今年も頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「カブトムシの蛹の展示」

20130513herakuresusanagi.jpg
今年はゴールデンウィーク前の4月27日から9月1日まで「世界のカブト・クワガタ展」を行っています。
長崎バイオパークでは20年前よりこの「世界のカブト・クワガタ展」は行われていますが、4月から行ったことはほとんどありません。いつもは夏休みに合わせて行っているイベントだったのです。
内容としては生きている世界のカブト・クワガタの展示が約30種類、標本は500種類2000点以上の展示となっています。
今回の展示内容で長崎バイオパークの昆虫館初めてというものがあります。それは生きたカブトムシの蛹の展示を期間中途切れずに展示することです。4月27日からはアクテオンゾウカブトとヘラクレスオオカブトの2種類の生きた蛹を展示しています。
20130513zousanagi.jpg
解説板にはこの蛹は生きていますと書いていますが、「作り物だ!」とか「死んでいるよ」とか言われていることを多く聞きますが、その時は「この蛹は生きています!」と説明しています。

日本のカブトムシを飼育していて成虫・卵・幼虫は見る機会が多いのですが、蛹となると蛹室という土でできた繭のような部屋を作るため、見る機会がとても少なく、無理してそれを壊して見た場合は体に傷を作ってしまい死亡したり、湿度の調整がうまくいかずに翅が変形してしまう「羽化不全」をおこしてしまうこともあります。
これが外国産の大型カブトムシだと幼虫期間が1~3年もあり、常に蛹を用意することが難しいのです。今回これにチャレンジすることになったのが、多くの幼虫を飼育している友人の助けがあるからです。
ヘラクレスオオカブトのオスの蛹の期間は2ヶ月と聞いていますので、5月中旬で1ヶ月が経過します。残り約1ヶ月で成虫になります。その成虫になる瞬間(羽化)を多くのお客様にも見ていただきたいと思いますが、当然私も是非観察したいと思っています。もう1匹のアクテオンゾウカブトはヘラクレスよりも蛹の期間が長いと聞いていますが、そろそろ次の蛹を探さなければなりません。
なお、写真の上がヘラクレスオオカブト。下がアクテオンゾウカブトです。

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。