ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カピバラのアキが死亡しました

カピバラのアキが10月18日の夕方死亡しました。

20121021aki01.jpg
(2012年10月13日撮影)

アキは2005年11月生まれの6才で、10月13日に2頭の仔を出産したばかりでした。直接の死因は脱水症状によるショックですが、1年ほど前から下痢が続いており、各種の検査や投薬を継続して行なっていたものの、改善が見られず体力が低下していた所へ、今回の出産が負担になったものと思われます。

獣医師による解剖の結果、盲腸に異常があり下痢をしていたことが確認されました。

アキは、バイオパークのカピバラの群れの中では最も強かった個体で、露天風呂などでは他の個体を追い出して悠々とお湯を楽しむ様子から「露天風呂の女王」と呼ばれて人気がありました。まだまだこれから多くの仔を育ててくれるものと飼育員一同楽しみにしておりましたが、今回の結果について非常に残念に思っております。

残された2頭の仔は、通常であれば人工哺育を試みる事になりますが、そうすると将来的にバイオパークのカピバラの群れに入れなくなってしまう可能性が高く、今回私たちは9月に先立って2頭の仔を出産していたフジコに、アキの仔を託す事を選びました。

カピバラは、群れの他の個体が生んだ仔でも、自分の仔と同様に子育てをしてくれる事が多く、過去当園でも母親が急死した際に残された数頭のカピバラを、無事他のカピバラが育て上げてくれています。

以上のような理由により、先週から予定していたフジコとその仔のふれあい展示は、しばらく延期させて頂く事になりました。現在は状態が良ければ柵越しにフジコと4頭の仔をご覧頂く事は可能です。楽しみにして頂いていた方には申し訳ございませんが、どうぞご理解くださいますよう、よろしくお願い致します。

現在、バイオパークの展示場には今回の仔の他にも、アキが昨年11月に生んだ4頭の仔のうち、ユズ、ザボンの2頭が、福岡の「トリアスふれあい動物園」にはヒノキ、ゴエモンの2頭がそれぞれ飼育されておりますので、アキ同様に見守って頂ければと思います。

これまで、アキを可愛がって下さいまして、誠にありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

手づくりの動物園


20121011fujiyama.jpg

長崎市内のデイサービスセンター「サンハイツ富士見」様よりお便りをいただきました。
中には今年9月に施設内で開催された敬老文化祭にて利用者の藤山トミヨさん(87歳)が作られた手作りの動物たちによるジオラマ作品の写真が入っていました。
バイオパークをイメージして作られたとのことで、ぜひホームページで紹介させていただけないかとお願いしたところ、快く了解をいただきましたので写真を掲載させていただきます

20121011fujiyama2.jpg

制作された藤山さんのコメントです。

14、5年前から干支の動物を編んで、年末にお世話になった方や友人に配って喜ばれていました。
動物のかわいらしさにひかれ、それが楽しみになりました。
今年は動物園を作ってみようと思いたちました。
動物のやさしさ、無邪気さ、かわいらしさを表現したつもりです。
動物は自然の形にしたいと思いインターネットの写真を利用して自分で考えて作成しました。
これからも続けたいと思います。

藤山さんをはじめ、サンハイツ富士見のみなさんありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「森のれんが」を敷きました

みなさんこんにちは!長崎バイオパークでは、今回園内の2箇所で「森のれんが」による舗装を行いました。
舗装したのは、園内のアンデス広場にあるステージ前のスペースと、アンデス池の手前にある休憩スペースです。

20121013renga1.jpg
20121013renga3.jpg
「森のれんが」を敷く前は、ステージ前はコンクリートで夏場の照り返しがきつく、休憩スペースは土で覆われていて雨天時のぬかるみや部分的なえぐれなど、お客様にもご不便をおかけしていたものと思います。

今回、地元の企業様から「森のれんが」についてご提案があり、サンプルを頂いて製品を検討したのですが、100%天然の木、それも間伐材などを原料に使用したリサイクル製品で、動物や人、それに環境にも優しいという点が、自然界の調和のあり方を伝えるという当園のコンセプトにも合致する事から、導入してみる事にしました。

舗装後は、照り返しもおだやかで雨の日でも足元が汚れる事もなく、気持ちのいい空間になったのではないかと思います。車が乗っても大丈夫らしいので、玄関先やベランダ、屋上などに敷くのもいいかもしれません。バイオパークご来園の際には、ぜひこの2箇所で「森のれんが」をチェックしてみて下さいね!


●「森のれんが(ウィードロック)」のお問い合せは、九州地区特約店「タカラ長運株式会社」様までお願いします。
TEL.095-894-8704 FAX.095-894-8712
http://www.takara-chouun.jp e-mail:sugimoto.h@takara-chouun.jp

20121013renga2.jpg
「森のれんが(ウィードロック)」は、『循環型=自然のものを自然に還す』をコンセプトとし、主に間伐材をチップ化し木の樹脂で固形化した、木質原料100%のリサイクル製品です。特長は100%自然素材により無公害で、木が熱を吸収し反射を抑える事で、照り返しの軽減によるヒートアイランド現象の抑制効果があります。優しい木の弾力で膝への負担も軽いうえに、自動車の乗り入れも可能な強度を保持しております。環境にも人にも動物にも優しい「森のれんが(ウィードロック)」は、環境をテーマに自然素材と共有した木の癒しと温もりのある循環型環境社会を提案します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「大地(だいち)君とお散歩始めました」

20121006omakisanpo.jpg

フサオマキザルの大地君を生後約1ヶ月後人工哺育に切り替えて早3ヶ月が経ちました。
今年の6月16日に生まれ、母親が育児放棄をして人工哺育を始めたのが7月11日でした。この時の体重が400gでしたが、最近の測定では800gを超えて、2倍となりました。
 24時間体制での授乳では家に持ち帰っての世話がありました。我が家を含め4名の飼育係の家族の協力のおかげだと思っています。夜中の授乳時には家族も起きてしまうことも多く、おむつを付ける時は手伝ってもらったことも多かったと思います。
伊藤家では大地君を連れて帰った時の妻や子の反応が違いました。私一人での帰宅時は妻に「な~んだ大地君は来ていないんだ。」と言われることが多々ありました。たぶんこれは他の3名の家庭も同じだったことは想像できます。母親から育児放棄されましたが、その代わり以上に多くの人からの愛情を受けてここまで育ったのです。
最近ではミルクだけではなく、離乳食としてバナナを少しずつ食べており、これにより授乳回数も減ってきています。
 夏の暑さも終わり、気候的には最も良い季節になっていますので、大地君と園内のお散歩を始めました。まだ日中の日差しが強い日もありますが、日光浴とお客様とのふれあいを目的に時間を決めずに時々園内散歩をします。ただ、大地君はまだ臆病なので、我々親代わりの飼育係の腕や時には足にしがみ付いて園内に出ています。
園内でお会いできたらやさしく大地君に声を掛けて、触れてみてください。

omakisanpo20121006.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「キリンの長い旅」

kirinunpan20121006.JPG
 埼玉県こども動物自然公園からアミメキリンのニック君(1歳3ヶ月)がやってきました。埼玉県東松山市から長崎バイオパークまで約1200kmをトラックに乗りすべて陸路で運ばれてきたのです。埼玉を出てほぼ22時間の長旅で少々疲れた様子ではありましたが、到着後新しい住居のキリン舎に戸惑いながらでも、好物の木の葉を食べてくれた時がスタッフ一同安堵の瞬間でした。
 小さい動物であれば飛行機に乗せることができますが、1歳とはいえ3m前後の大きさがありますので、輸送箱に入りトラックでの移動になります。
 ニックにとっては初めての長旅、初めての一人住まい、初めてのバイオパークのキリン舎など環境の変化が激しかったので早く落ち着いて欲しいものです。
 2010年8月15日に老衰でアミメキリンのノブコを失ってから約2年間不在だったキリン舎に新しい若いキリン入りました。この新しい血が長崎バイオパークで延々と続いていくように今度はメスのキリン。すなわちニックの嫁さん捜しが私の次の使命です。
 長崎バイオパークのキリン復活に関して埼玉こども動物自然公園のスタッフの方々には本当に感謝しています。
 埼玉でのキリン担当者のお話ではニックは人馴れをしていて甘えん坊とのこと。バイオパークのキリン担当の末竹君を早く覚えて甘える姿を見せて欲しいな。

nick20121006.jpg
ニックの一般公開は本日10月6日(土)から始まりました。 
よろしくお願いします。

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。