ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル伊藤の生き物日記「キバが4本(!?)のクワガタムシが登場!!」

kiba4hon20120720.JPG
長崎バイオパークの昆虫館では7月21日からこの変わったノコギリクワガタの展示を開始しています。写真でお分かりになったでしょうか?ノコギリクワガタのオスの右側のキバ(本当は大あごです。)が枝分かれしており、合計で4本のキバがあるのです。

このノコギリクワガタは2012年7月19日朝6時頃、長崎県西彼杵郡長与町斉藤郷にお住まいの山口幸次様が諫早市多良見町の山林で採集したものです。それを長崎バイオパークの昆虫館に寄贈していただきました。私も生まれて初めて見る変わったクワガタに鳥肌が立ちました。

なぜこのような形になったのでしょうか?私の勝手な想像では、蛹の時に枝分かれした部分に傷があり、その傷をクワガタの体が修復しようとした時に間違って大あごが出来てしまったのではないでしょうか?
以前7本脚のカブトムシのメスを頂いたことがありましたが、その様子と似ているきがします。

昆虫って本当に面白い生き物ですね。是非、生きている内にこの奇妙なクワガタを見に来てください。

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。