ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

親子工作教室、いよいよ8/31まで!

20100826kosaku.jpg
8/13(金)から、親子工作教室がはじまりました。木や竹、葉、木の実など自然のものを使い、親子で協力して動物や昆虫など思い思いの作品作りに挑戦してください。工作材料や道具は会場に準備してあります。インストラクターもいますので、アドバイスがほしい時はお気軽に声をかけてくださいね。
(会場は当初「昆虫館横イベントルーム」を予定していましたが、都合により「マレーシア情報館」になりました) 

□日 時/8/31(火)まで(毎日13:00~15:00)
□会 場/マレーシア情報館
□参加費/500円(家族1組の参加料)


【それでは親子工作教室を動画でご紹介します!】

携帯の方はコチラからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

レストラン・ケーナ「特製ジェラート」のご紹介

アンデス広場にあるレストラン・ケーナでは、この夏から特製ジェラートが登場しました。
種類は全部で6つ。何が特製かと言いますと、そのほとんどがバイオパークで収穫された果実を原料に使っているオリジナル・ジェラートなのです。
20100821kuri.jpg20100821mikan.jpg20100821imo.jpg
(上の写真は、左から「くり」「みかん」「さつまいも」の3種類)
さらには園内で栽培しているシャボテンの赤い実や、地元特産のモノで仕上げた逸品もあります。
価格は6種類とも280円ナリ。冷たいジェラートで、心身ともにリフレッシュ&クールダウンしてください。

【動画でジェラート6種類をぜんぶご紹介します!】
《特製ジェラート》

携帯の方はコチラからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アミメキリンのノブコが死亡しました

20100816nobuko01.jpg
アミメキリンの「ノブコ」が、8月15日午後5:30に死亡しました。

当日朝には獣舎内で立ち上がれなくなり、獣医師による治療を試みましたが、そのまま回復する事ができませんでした。キリンの平均寿命は25年程度といわれていますが、ノブコも22歳と高齢であり、死因は老衰による体力の低下によるものでした。

ノブコは、1988年5月29日に長野市茶臼山動物園で生まれ、1990年7月22日に長崎バイオパークへ来園しました。夫のショウヘイ(2003年死亡)との間には、5頭の仔を出産しましたが、そのうち娘の「マリン」は、現在も横浜市野毛山動物園で飼育されており、これまでに6頭の仔を産んでいます。性格は気分屋で頑固なところもありましたが、長いまつ毛と体のアミメの模様がはっきりとした、美しいキリンでした。

なお、ノブコの死亡により、長崎バイオパークでのキリンの飼育頭数はゼロになってしまいました。今年初めのマサイキリンのナツキに引き続き、相次いでキリンの訃報をお伝えしなければならない事となり、飼育員他スタッフ一同大変残念に思っております。展示再開については現在未定の状況ではございますが、今後検討を進め、再度ご報告させていただきたいと思います。

来園以来、これまで多くのお客様にノブコをかわいがっていただき、本当にありがとうございました。スタッフを代表いたしまして深くお礼を申し上げます。

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。