ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

公式ブログ “Como esta! BIO PARK”

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大ススキ「パンパスグラス」ただいま開花中!

20090816%20pampas1.jpg

 アンデス広場のパンパスグラスが、美しい花穂(かすい/穂のような形で咲く花のこと)をつけています。
 パンパスグラスはイネ科の多年草で、アルゼンチンやブラジルなど南米に群生する植物。「パンパ(南アメリカの草原)に生えている草」という意味の名を持ち、花の穂先までの高さが約4メートルにまでになります。まさに「ススキのお化け」って感じです。

20090816%20pampas2.jpg20090816%20pampas3.jpg
 当園では毎年お盆頃に咲き始め、秋の到来を告げるのですが、今年もお盆くらいから真っ白な穂を出しはじめました。銀白色にきらめくパンパスグラスの花穂は、このあと徐々に茶色味を帯びていき、10月末頃まで背高ノッポの姿を楽しませてくれそうです。

8/22撮影の動画↓です。
【パンパスグラスが咲いています♪】

携帯の方はコチラからどうぞ

バックナンバー

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。