ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

最新ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーバクの赤ちゃんが生まれました

20160323tapir01.jpg
3月14日の朝、マレーバクの赤ちゃんが誕生しました。

20160323tapir02.jpg
生まれたのはオスの赤ちゃん1頭で、親は2015年12月にマレーシアから来園したオスの「イム」とメスの「バルタム」です。マレーバクの妊娠期間は400日前後ですので、昨年来園したときにはすでに妊娠していたという事になります。マレーバクの子どもは、黒地に白の斑点模様でうり坊のような見た目をしていますが、この模様は約半年ほどで消えてしまいます。マレーバクの一生のうちでうり坊模様の期間はこの半年足らずのみですので貴重な姿です。

20160323tapir03.jpg
赤ちゃんは、マレー語で友情を意味する "persahabatan (プルサハバタン)" という言葉にちなんで、飼育員により「プルサ」と名づけられました。バイオパークとマレーシアの人々が育んできた友情のように、大きく育ってほしいと願っています。

母親と赤ちゃんは3月23日から一般公開を行う予定です(天候等により公開できない場合もあり)。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。